日本のカルト組織のリーダー麻原彰晃ついに死す

1995年に東京の地下鉄でサリンをまき、13人を殺害し6300人に被害を与えたカルト組織:Aum Shinrikyōの教祖である

麻原彰晃の死刑が七月六日に執行された。日本のメディアによると、他のメンバーの死刑もまた執行された模様だ。サリンは1930年代後半にナチス政権でも作られていたガスで、教団は実験室でサリンを大量に作ることができた。教団のメンバーがおこしたサリン事件に対する、最初の死刑判決自体は1999年に行われており、本来日本の法律では死刑判決がなされてから6か月以内に死刑が執行されるべきだと規定されているが、実際には何年もかかるケースが多い。逮捕以前、神秘的な魅力を持つ麻原は多くの人の関心をつかんでいたようだ。



スペイン語圏の方
多くの人が待ち望んでいただろうね




スペイン語圏の方
↑アメリカ人であれば人が死刑執行されるのを待ち望むなんてことはしないだろうよ





スペイン語圏の方
↑待ち望む暇もなくすぐ死刑執行されるだろうからね!jajajajaja
日本は死刑執行までにめっちゃ時間がかかるんだなあ





スペイン語圏の方
切腹したのか?




スペイン語圏の方
私は日本のことが好きだが、死刑制度については好きになれない





スペイン語圏の方
死刑は被害者側の復讐心を満たすこと以上に意味があるとは思えないな
実際のところ死刑制度を持っているどの国でも統計的に見て、死刑制度が犯罪率削減に効果があるようには見えないからね!
倫理的問題を脇においたとしても、そのことだけで死刑には反対できる



スペイン語圏の方
↑効果がない?死刑執行された奴の再犯率は0なんだよなあ
(以下同様の議論が白熱)





スペイン語圏の方
日本での死刑執行までの長さには驚いた、でも日本の死刑囚は自分が処刑される日を教えてもらえないらしからな そんないつ死刑が始まるかわからない恐ろしい日々が続けばある意味それが罰ともいえるかもね




スペイン語圏の方
麻原とやらの写真見たけどなんか徳がありそう
mig





スペイン語圏の方
↑こんな野獣のような風貌にも関わらず、多くの女性を囲っていたらしいぜ





スペイン語圏の方
彼は弱視だったらしいな それがまた彼自身の神秘っぽさにつながったとかつながっていないとか




asahara





スペイン語圏の方
今日本に住んでいるけれども、大ニュース扱いだったよ
一日中こいつの話ばっかりさ!



引用 https://www.meneame.net/story/japon-ejecuta-shoko-asahara-lider-secta-responsable-masacre-gas