バスク地方の大学において。


スペインのバスク地方に存在する大学では難民や無国籍者の授業料を無料にする政策が続けられており、この中にはテロやジェンダー暴力の被害者の方も含まれる。

バスク大学の副学長のアドルフォ氏によると来年も難民などの授業料を無料にする方針で、これで四年連続無料化を続けることになる。

スペイン人の方
は?やれやれ、難民のやつらは俺たちの国に金を使わせるのがお上手ですねえ・・・





スペイン人の方
↑言ってることがよく分からないな。ちょっと大変な目にあったどころか、自分の故郷で全てを失ってしまった人たちに授業料無料化を差し上げることくらいが君の人生に何か影響を与えるというのか?君が直接に授業料を肩代わりしてるわけでもないだろ?




スペイン人の方
↑俺の意見を変えたいならフェア、アンフェアの観点でものを話してくれ。血と汗と涙を流しながらなんとか頑張って自分の大学の授業料を納めていたら、奴ら難民は突然現れ、努力もなしに授業料無料の恩恵を得やがったんだぜ。難民に厳しい方針をとる政党にどうしてあの時投票しなかったのか・・・国民みんながそう悔やむ日がいずれ来るだろうから覚えとけよ。






・スペイン人の方
近頃は学生の数を確保するのに苦労している大学もあることだしな。
無論、大学の授業料無料化だけが難民への支援策の答えというわけじゃないと思うけどね。




スペイン人の方
バスク地方?あそこはもはやスペインじゃないから私たちには関係ない(バスク地方の独立運動を皮肉ったネタなのか、同様のコメントちらほら)

reuters20171011183523-thumb-720xauto


スペイン人の方
そもそも難民の中には、大学に通える程度の学習レベルを持った奴らがそんなにいるのか?というか大半はスペイン語すらろくに扱えないのでは?




スペイン人の方
ギリシャなら国民も大学の学費は無料なんだがな。ここは建設的に、スペインの大学も全員学費を無料にしてくれるよう頼むべきだと思うぜ!




スペイン人の方
自分は、ガンに罹ってしまって入院したために奨学金を打ち切られてしまったスペイン人の女の子を知っている。幸いにも病気は治ったが、お金がないために大学はやめなければならなかった・・・つい昨年の出来事だぞ、どうして我々の税金で難民の授業料を賄う必要がある!?




スペイン人の方
↑それを言ったら私は、両親から捨てられてしまった、片足がないスペイン人の少年と知り合いだ。こんな境遇ではあるが彼は大学の授業料を免除してもらうことができ、そのことは私にとってとても嬉しい出来事だった。・・・確かにいろいろ意見はあると思う、しかし難民の方の授業料を無料にしてあげることがあなた方の生活にそんなに負担をかけるのか、もう一度考えてみてほしい。



スペイン人の方
↑俺が知ってる中では唯一の例外だな・・・授業料を免除してもらえなかった、スペイン国民の事例ならいくらでも知っているけどね。



スペイン人の方
普通にうらやましいぞ!




スペイン人の方
‘難民‘なんていう言葉は、人に道徳的な優越感を感じさせ、金を使わせるための口実にすぎないのさ。




スペイン人の方
こういう話になると、戦争や政治の混乱のために否応なしに避難せざるを得なかった難民と、ただの移民が同一線上に置かれて議論されてしまう傾向がありますねえ。分けて語るべきだ。



スペイン人の方
ファシズムは反駁されないとき、勝利する。



引用 https://www.meneame.net/story/universidad-pais-vasco-ofrece-matricula-gratuita-refugiados