正直めっちゃ見てみたい
img_b81a8c4492427946a01c03a9f7c9981d185440

ペニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラ
最高地点は標高87mである。定住人口は駐屯地に駐留するスペイン軍兵士のみである。
スペインがモロッコ領内に抱える軍事的な飛び地の1つである。1934年まで島であったが、後に巨大な嵐で膨大な量の砂が流れ込み、大陸と島の間に短く狭い地峡が生まれた。これ以後、半島の様相となり、現在はモロッコ沿岸と85mの砂の地峡でつながっている(世界最短の国境である)。

この岩だらけの島がスペインに占領されたのは、1508年7月23日である。ペドロ・ナバーロ率いるスペイン艦隊が、島に籠もる手ごわい海賊たちを全滅させたのである。1522年、島の領主であったムーレイ・ムハンマドは島を自らの手中におさめた。1564年、フェリペ2世の命令で、カタルーニャ副王であったビリャフランカ侯爵ガルシア・アルバレス・デ・トレドは島を奪還した。この時のスペイン勢は93隻のガレー船、60隻のより小さな船より構成されていた。これ以降、ペニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラはスペイン支配下にある。1921年のスペイン=モロッコ戦争では、駐留スペイン軍が強化された。
plazas-de-soberanc3ada

1872年、スペイン国会においてペニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラの戦略的価値はないとみなされ、基地の放棄か撤退が提案されたが、実現に至っていない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ペニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラ
この半島自体の価値が乏しいのはもはや事実だが、だからといってうかつに返還するとモロッコ領内のスペイン領であるセウタ・メリリャまで返せと言われかねず、もはや意地で居座っているらしい。

vista-lateral


なお、モロッコ北岸には他にもスペイン領土が存在し、ペニョン・デ・アルセマスなどが有名である。
250px-Alhucemas
【ペニョン・デ・アルセマス】沖合300mに存在し、教会や民家、商店なども存在する。日本の軍艦島ポジションといえるだろうか。
200px-Peñón_de_Alhucemas_(13)

 

スペイン語圏の方
非常に興味深い場所だね!私たちの歴史から考えてみても、惹きつけられる場所の一つだ。スペイン人やモロッコの人でも、アフリカ北部の飛び地のすべてを知っている人は少ないんじゃないかな。





スペイン語圏の方
イギリスと国境を争った私たちアルゼンチン人としてもヨーロッパの国境問題は興味深く感じている。スペインとモロッコの領有権問題は流石に我が国とは事情がかなり異なるようだが、とてもためになったよ。





スペイン語圏の方
実のところ私は1997年の夏に、ここを観光目的で見に来たことがある。浜辺には車を停められなかったので、1kmくらい離れたところに停めて下り道を歩いたっけな。国境を示すロープみたいなのは無かったが、スペインの国旗がたなびいていたのをよく覚えている。そして、監視している人に俺たちはスペイン人だから領内に入れてくれよなとか頼んでみたが、やっぱり申し訳なさそうに断られてしまった。まあ軍事基地だものね・・・





スペイン語圏の方
↑えっ入っちゃだめなのか?スペイン人でも?





スペイン語圏の方
↑スペイン国内の他の軍事基地なら勝手に入っていいとでも思っていたのかい?





 

スペイン語圏の方
モロッコ北部の風景・地理・歴史はとても面白いね。もっと知りたくなっちゃった。





スペイン語圏の方
人間というものは得てして国境の話に興味を惹かれるものだね。ここの国境は世界で一番短いなんて・・・一番短い?あっ、おい待てぃ、インドとスリランカを分け隔てているDhanushkodi(https://en.wikipedia.org/wiki/Dhanushkodi) とか、シリア国内のトルコの飛び地である、スレイマン・シャーの墓とかはどうなんだ?






スペイン語圏の方
↑確かにインドとスリランカにはそのような場所は存在するが、そこの砂浜は非常に低いので、潮によっては埋もれてしまう。両国はそこを海における境界と見なしているんだよ。スレイマン・シャーの墓にしても、あれは国境があるというより治外法権的な場所があるとみなすのが適切なはずだ。






 

スペイン語圏の方
もしこの岩の塊を返したら、アフリカのやつらは「我らが祖国を取り戻した!!!」と喜ぶのか?





スペイン語圏の方
どうやら皆ここの話を持ち出すと、イギリスにスペインが占領されているジブラルタルのことを触れずにはいられないようだな・・・まああっちと違って、スペイン人がここに住んだ時にはモロッコという国はまだ無かったし・・・




スペイン語圏の方
私は仕事の関係でペニョン・デ・アルセマスの方を訪れたことがあるが、あのフランスの小さなモン・サン=ミシェルと形容してもいいほどの素晴らしいところだった。同行した兵士も、なぜこれほどの場所が観光地になりえないのか不思議そうにしていたね。

275px-Mont_St_Michel_3,_Brittany,_France_-_July_2011




スペイン語圏の方
もっと現地の声を尊重すべき。つまり、ペニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラに住む少数の人に、ここがモロッコに返還されてほしいか聞くべきだな!





スペイン語圏の方
↑ほぼ満場一致でモロッコにこの半島は返ってくるだろう。男の軍人しか存在しないところだから、みんな早くスペイン本国に帰りたいだろうし、返還されれば帰国できるからね。


引用 
https://fronterasblog.com/2018/07/13/dos-mundos-separados-por-80-metros-de-cuerda-viaje-a-la-frontera-mas-corta-del-mundo/

https://www.meneame.net/story/penon-velez-patetico-absurdo-record-frontera-mas-corta-mundo

https://www.meneame.net/story/dos-mundos-separados-80-metros-cuerda-viaje-frontera-mas-corta