東京都のエリア(地域)別でガールズバーの特徴と時給相場を語るぜ!

K佑
この記事は、ガールズバーフリークのK佑が担当しています。
ガールズバー大好き!!若くて可愛い子大好き!!
週5でガールズバーに通うK佑でっす!
俺が東京都内のガールズバーに足繁く通った結果、色々とわかったことがあるからここで共有してくわ!
  • ガールズバーで働きたいけどエリアを決めかねてる女の子
  • ガールズバーに行ってみたいけどどのエリアが自分に合うか迷っている男性諸君
ちょっと変わったコンセプトのおすすめガールズバーはRくんが紹介してくれてるからそちらも合わせて参考にしてみてくれ↓

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

東京都のガールズバーでもエリアが違うと客層や女の子の雰囲気も違う


“東京都”って言ってもまぁ、広いよね。
だから「東京都のガールズバーの特徴は?」って聞かれても一言では答えられん。

同じ東京都でも、ガールズバーがどのエリア(地域)にあるのかによってマジで全然違うからね。
ガールズバーの客層って言えば、ほぼ男だからそこまで客層の違いって無いかもだけど、俺が通った感じだと年齢にちょっと違いがあるかな!

ガールズバーで働いてる女の子の雰囲気は、エリアによって結構違うわ。あと時給もね。
東京都内の繁華街は時給が高くて、郊外は時給が低めな傾向がある。

ここからは具体的にエリアごとの特徴と、時給相場を解説していきまっす!

新宿エリアのガールズバーの特徴


東京都と言えばまず『新宿エリア』を解説しないと始まらない。 新宿エリアでガールズバーがある場所は下記のとおり。
  1. アジア最大級の繁華街と言われる「歌舞伎町」
  2. 学生の街として知られる「高田馬場」
  3. 歌舞伎町にもほど近い「新宿三丁目」
この3つの新宿エリアの中でも、さらに違いがあるんでまとめるね!

新宿・歌舞伎町のガールズバー

新宿エリアの4つの中で一番ガールズバーが多く存在するのは、予想どおりだとは思うけど「歌舞伎町」。
キャバクラに近い営業をしてる過激なガールズバーも多いから、ガールズバー初心者よりは経験者向きかな。

特徴 ・首都圏からのアクセスが抜群のため集客力がある。
・大型店(キャバクラと同じ系列)のガールズバーが多い。
・コンセプト系のガールズバーが多い。
・派手な内装でVIPルームなど設備が整ったガールズバーが多い。
客層 水商売慣れした人/水商売系の同業者/観光目的の外国人(一見さん)/ビジネスマン/若い男性
女の子の雰囲気 派手めのギャル系、キャバ嬢系、セクシー系
お酒が強い子、パリピ系が多い。

高田馬場のガールズバー

歌舞伎町の次にガールズバーの数が多いのが「高田馬場」。
高田馬場は早稲田大学や学習院女子大学などの大学が多い街だから、学生が多いイメージが強いけど高田馬場駅の周辺には中規模のオフィスビルも結構多い。

特徴 ・アットホームなガールズバーが多い。
・ガールズバー未経験者が働きやすい
・コンセプト系のガールズバーが多い。
客層 仕事帰りのビジネスマン/大学生/地元の男性
女の子の雰囲気 素人っぽい普通の女の子、現役大学生
会話を楽しい子、明るい子が多い。

新宿三丁目のガールズバー

「新宿三丁目」は新宿東口を出て右側に位置する場所。
新宿高島屋や丸井などの商業施設が多い場所だから思っているよりガールズバーの数は少ない。どちらかというと買い物がメインの場所かな。
ガールズバーの数自体は少ないけど人通りは意外と多い。

特徴 ・歌舞伎町が近いため似たような雰囲気はあるけど、歌舞伎町ほど過激なガールズバーは無い。
閉店時間が早めのガールズバーが多い。
客層 水商売系の同業者/ビジネスマン/若い男性/女性のお客さん
女の子の雰囲気 ギャル系、姉ギャル系
見た目より落ち着いた接客をする子が多い。
K佑
新宿には「西新宿」とかもあるけど、ここはオフィスがメインの場所だから土日は人通りが少なくガールズバーのような夜遊びをするお店はほぼ無いと思っておいた方がいい。

新宿エリアのガールズバーの時給相場


一般的にガールズバーの時給相場は「約1,000円~1,500円」と言われているのに対して、新宿三丁目と高田馬場のガールズバーは、ほぼ平均程度。
歌舞伎町のガールズバーはさすがというべきか、高時給ってことになるね。
K佑
この時給相場にはドリンクバックのような売り上げボーナスは入ってないから、稼ぎたい子はお客さんにドリンクを奢ってもらってバックをどんどんもらっちゃおうぜ!
ちなみにドリンクバックは一杯100?200円くらいの店が多くて、奢ってもらったお酒の値段や種類によってもバックの金額が変わる場合もある。
新宿・歌舞伎町の時給相場 2,000円~
高田馬場の時給相場 1,500円~
新宿三丁目の時給相場 1,300円~

渋谷エリアのガールズバーの特徴


三大副都心でもある「渋谷」。
大型商業施設や最新スポット、ライブハウスや飲み屋なども多く若者の流行が誕生する街としても有名。 外国人観光客にはナゼか知らんけど「スクランブル交差点」が人気だったりするよね。

そんな若者が多くいる街「渋谷」のガールズバーはほとんどが道玄坂あたりに集中してて、そこで働く女の子は10代~20代前半の女の子がほぼ。
スタッフの入れ替わりも結構激しくて「こないだまでいたのに、次行った時にはお気に入りのあの子が辞めてた。」なんてことも結構ある。

K佑
「渋谷=ギャル」のイメージだけど意外と清楚系の女の子がガールズバーで働いているケースもあるんだよね。 渋谷のガールズバーはコンセプトが様々だから、行く店によって雰囲気がだいぶ変わると思っておいて間違いないよ。
特徴 ・コスパ良くて、朝までワイワイ飲み明かせるガールズバーが多い。
・首都圏からのアクセスが抜群のため集客力がある。
・サービスの質はあまりよくないけど、可愛い女の子が多いガールズバーが多い。
・バニーガールのコスプレしたガールズバーが多い。
客層 水商売慣れした人/ウェイウェウィ系の若い男/ベンチャー系のビジネスマン/バンドマン/観光目的の外国人(一見さん)
女の子の雰囲気 ギャル系~清楚系
女の子は店のコンセプトによってだいぶ変わる傾向。

渋谷エリアのガールズバーの時給相場


渋谷の時給相場 1,800円~
渋谷のガールズバーでも露出が高い衣装(コスプレ)をするような店は時給2,000円以上貰えることがほとんどかな。

渋谷のガールズバーは、働く女の子からしても時給が高いし、遊びに行く男からしてもコスパ高いしおすすめ!

池袋エリアのガールズバーの特徴


新宿、渋谷に並ぶ大都市「池袋」。
amazonのプライム・ビデオで配信し始めたアニメ「池袋ウエストゲートパーク」を見てから池袋という街をなんだか身近に感じてる俺。

俺の中で今激アツの「池袋」にあるガールズバーは東口と西口に集中している。しかもそのほとんどが駅から徒歩圏内にあるからアクセス最高。

K佑
南口の方にガールズバーはほぼなく、北口の方はいわゆる「チャイナタウン」で、治安が悪いからちょっと注意ね。
特徴 ・コスパがいいリーズナブルな料金のガールズバーが多い。
・首都圏からのアクセスが抜群のため集客力がある。
・パジャマ、和服、バニーなどガールズバーのコンセプトの種類が多い。
・池袋の東口・西口でもガールズバーの雰囲気が変わる。
客層 水商売系の同業者/20代~30代の仕事帰りのビジネスマン/埼玉県民/学生
東口の女の子の雰囲気 清楚系の大学生、大人っぽい雰囲気の子
10代~20代後半までの女の子、落ち着いた接客ができる子が多い。
西口の女の子の雰囲気 ちょいギャル系
10代~20代前半の女の子、ノリがいいにぎやかな子が多い。

池袋エリアのガールズバーの時給相場


池袋の時給相場 2,000円~
池袋のガールズバーは東京都内でも時給が高いエリアの1つ。
時給が高いということは、それだけ人も来るし稼げるチャンスがあるってこと。
池袋のガールズバーはダーツやゲームやカラオケなどの設備があるところも多いから楽しみながらバイトできるはず。

シェアしちゃお!